バレンタインで、本命の異性にチョコを渡すときには、半ばあきらめている人に渡す人はほとんどいないと思います。

やっぱり、本命チョコを渡す限りは、相手にも自分の方を向いて欲しい!という気持ちで渡しますよね?


ただ、あなたの本命の相手にライバルが多かったら・・・?


そう、あなたはチョコをくれたその他大勢の中の1人、ということに。

これじゃあ、一生懸命に時間とお金を使って選んだ、あるいは愛情たっぷり入れて作ったチョコも努力も時間も全て水の泡。


チョコを渡す前から”負け”が決まっているようなものです。


じゃあ、告白するあなたの事を、相手が”忘れられないくらいインパクトのある人”にするにはどうすればいいでしょう。

それは、誰にも負けないくらい、相手の事を知っている事。


相手の全てを知り尽くすくらい、徹底的なリサーチを行いましたか?

本命の相手の誕生日は?趣味は?どんな音楽が好き?どんなキャラクターが好き?どんなマンガが愛読書?どんな食べ物が好き?理想の女性像は?毎週日曜は何してる?

とにかく徹底的に調べ尽くすうちに、ライバルを出し抜く”何か”がひらめくはず。



自分の事をよく知っていてくれる、よく調べていてくれる女性のことを、悪く思う男性はいません。


「何でそんなことまで知ってるんだよ〜、気持ち悪いなぁ〜」


なーんて良いながら、悪い気はしないもの。


しかも、他の子と違って徹底的に自分の事を知っていてくれる子は、相手の方が逆に”気になる”んです。

人は、自分の事をよく知っている人間を”良き理解者”だと思うもの。


例えば、特に日頃からよく話をする仲良し、というわけでもない人に、

「はい、今日、誕生日でしょ?おめでとう!」

と言いながら、趣味に関係あるものや、前からほしがっていたもの、好きなアーティストのグッズなんかをプレゼントされたらどうです?


意外だったなぁとびっくりすると同時に、「自分の事、そんなに気にして見ていてくれたんだ」と逆にその人が気になって仕方がなくなりますよね。


もちろん、いつもジロジロ見ていたり、ストーカーまがいの事をしては逆効果ですよ。


ぜひ”良いインパクトのある告白”をしてくださいね。


あ、シルキーカバーで陶器肌を作っておくのをお忘れなく!


⇒ シルキーカバーオイルブロック