女優の永作博美さんの肌は、プロのメイクさんも驚くほど美肌です。

すっぴんの状態でまず驚かされるのが「毛穴がない」だそうです。


毛穴がない・・・わけではなく、実際には毛穴が目立たないほど肌が水分をたっぷりと保持している、という状態なんでしょうね。


永作博美さんは、もともときれいな女優さんですが、美肌を作るためにどのような努力をしているか知りたくないですか?


あるインタビューで永作博美さんは、

「洗顔はササッ、パッとやってしまいます。特にこだわりはないです。」


・・・そんな訳ないでしょ!と思いきや、プロのBA(ビューティーアドバイザー)さん達も同じ事を言います。


洗顔は、触らない・こすらない、が基本だそうです。


そして、永作博美さんはこうも言ってます。

「洗顔よりも、保湿の方に重点をおいている」と。



洗顔は簡単に済ませて、表面のメイク汚れなどをパパッと落とすだけで、保湿をしっかりと行うそうです。



ちなみに、保湿の効果的なやり方は、化粧水を適量手のひらに取り、顔全体にササッとつけたら手のひらで覆うようにしてしばらくそのままにしておきます。


手の体温で、化粧水を毛穴の奥まで染みこませる感じで。

時々パッティングするのはいいですが、決してこすらないこと。



肌はこすると、必要な角質まで取れてしまうためキメが揃わなくなって、それを繰り返すとゴワゴワの肌になってしまいます。


洗顔の時も同じで、こするのではなく、あくまでも肌自身の自然治癒力を高めるほうが、自然で美しいきめ細かい肌になります。



そして保湿をきっちり行えば、毛穴周囲の細胞にも水分が行き渡るため、毛穴が小さく目立たなくなってきます。



今現在、毛穴が開いていると感じているなら、手のひらで覆って体温で化粧水を浸透させる保湿方法を、1週間がんばってやってみてください。


肌がつるつるになってくるはずです。


化粧水は、化粧水だけでもいいですし、オールインワンタイプ(化粧水・乳液・美容液が一緒になったもの)でも大丈夫です。



時間がない方は、オールインワンタイプが便利ですよ。


ちなみに高価なものでなくても、普通に流通しているもので大丈夫ですが、肌の弱い人はアルコールが入っていないものを選んでください。





誰でも簡単に陶器肌をつくるには
     ↓
シルキーカバーオイルブロック