正しい洗顔方法です。

毎日の習慣にしてしまえば、毛穴の黒ずみも開きも徐々によくなり、数週間後にはきれいなつるつる肌があなたのものになります。
がんばって継続しましょう!


■蒸しタオルで毛穴を開く

タオルを水でぬらした後かるく絞り、電子レンジで1分ほどチンすると、ほどよい熱さの蒸しタオルのできあがり。
熱すぎる場合は少しさましてから30秒〜1分ほど顔の上に乗せておくと、毛穴が開いて黒ずみ角栓が落ちやすくなります


■石鹸をしっかりと泡立てる

洗顔石鹸をしっかりと泡立ててください。
細かい泡をたくさん作り、モコモコのクリーミーな泡にする事が洗顔の”キモ”です


美白もできる!フラーレン配合のクリーミー洗顔石鹸「フラニー」     ↓     ↓

フラーレンと蜂蜜を配合した究極の美肌洗顔石鹸!



なぜなら、毛穴の角栓は泡で落とすのが基本だから。
その泡が小さければ小さいほど、毛穴にしっかりと入り込んで古い角栓を落としやすくしてくれます。

上手に泡立てる事ができない人は、泡立てネットなどを利用するといいですね。
泡立てネットは100円ショップのものでも十分使えます。


■泡で洗う!

泡立てた石鹸を顔全体に乗せ、 ”泡で洗う”つもりで手の平を動かしてください。
決して力を入れてゴシゴシと洗わないこと!

力を入れて手の平そのもので洗うと肌を傷めるだけでなく、古い角栓をさらに毛穴に押し込んでしまう事にもなります。

泡の一粒一粒が毛穴に入り込み、角栓を押し出しているようなイメージでやさしく洗ってください。


■ぬるま湯で丁寧なすすぎを!

泡でしっかりと洗顔した後は、ぬるま湯でしっかりとすすいでください
石鹸の成分が毛穴に残ってしまうと、その残骸成分が皮脂と混ざり合って再び角栓のもととなってしまいますからね。

泡洗顔の2倍も3倍も時間をかけて、ぬるま湯を顔にバシャ、バシャっとかけるようにすすぎます。

手の平でこすってはいけません。
毛穴に石鹸成分が押し込められてしまうから。

ぬるま湯を使うのは、冷たい水だと毛穴が締まってしまうため毛穴の汚れや石鹸成分が落ちにくくなってしまうからなのです。


■保湿!保湿!

優しくしっかりとすすいで汚れと石鹸成分が完全になくなったら、タオルでやさしくポンポンと顔を軽くたたくように水分を取ります。

タオルで顔をこすると、柔らかくなっている状態の肌が傷みます。

タオルドライした直後が最も水分が蒸発しやすい状態なので、できるだけ早く化粧水でたっぷりと保湿、補った水分が逃げないようにクリームで仕上げです。



乳酸菌のヤクルトが開発した保湿化粧水 ポンプタイプなので素早く保湿できるのもマル
     ↓     ↓
素肌に乳酸菌のチカラを!







.