シルキーカバーオイルブロックの評価のカテゴリ記事一覧

  • ホーム
  • »
  • シルキーカバーオイルブロックの評価

カテゴリ:シルキーカバーオイルブロックの評価

シルキーカバーオイルブロックの評価のカテゴリ記事一覧。毛穴の黒ずみをなくし、開きっぱなしの毛穴を締めて目立たなくする方法。さらに、毛穴の無い「陶器」のような肌になる驚きの化粧品が登場。

シルキーカバーオイルブロックの評価
シルキーカバーオイルブロックは危険ではないか?という心配があるようです。シルキーカバーオイルブロックの危険性で考えられる要因は2つあります。1つは、シリコンが配…

記事を読む

シルキーカバーオイルブロックの評価
シルキーカバーオイルブロックの危険性について。シルキーカバーオイルブロックには、危険性が危惧(きぐ)される成分としてシリコンエビ・カニ由来の成分が含まれてい…

記事を読む

シルキーカバーオイルブロックの評価
シルキーカバーオイルブロックという商品は、評価が真っ二つに分かれる商品なんですよ。口コミサイトなどを見渡してみると、評価が満点の人と0点の(極端に言えば)がか…

記事を読む

シルキーカバーオイルブロックの危険性を考える


シルキーカバーオイルブロックは危険ではないか?という心配があるようです。

シルキーカバーオイルブロックの危険性で考えられる要因は2つあります。


1つは、シリコンが配合されているため、毛穴をふさいでしまうと皮膚呼吸ができないのではないか?

2つめは、シルクセリシンパウダーを使用しているため、絹に対してアレルギーがある人は使えない、というもの


まず1つ目のシリコン使用ですが、シリコンというのは人体に対して全くの無害です
厚生労働省も、シリコンは無害と認めていて、だからこそ整形手術や豊胸手術などに使われています。

無色・無臭のうえ撥水性にすぐれ、耐油性・耐酸化性にも優れているため、摩擦抵抗をなくして指通りを良くし”塗りやすくする”という働きをします。

シルキーカバーオイルブロックが危険であると言われるのは、シリコンという物質そのものの危険性ではなく、毛穴に詰まることの危険性を心配している、というほうが多いのではないでしょうか。


実はシリコンは、毛穴に詰まります。

したがって、シルキーカバーオイルブロックを使う人は、必ずクレンジングを行うようにしてください


これは販売ページには書いてないと思いますが、通常の化粧品同様、シルキーカバーオイルブロック使用後は必ずクレンジングを確実に行い、毛穴に入り込んだ成分を落とす必要があります。

成分が残ったままにしてしまうと、毛穴の黒ずみなどの元になります。


2つ目のシルクセリシンパウダーを使用していることですが、絹に対してのアレルギーがある人は、シルキーカバーオイルブロックの使用をしないでください

アレルギーによって肌がかぶれたり、赤みがひどくなったりする場合が考えられます。



基本的に、シルキーカバーオイルブロックの一番の特徴は、シルクセリシンパウダーによる絹肌効果です。

塗ると、”もともと肌がきれいな人”のような、毛穴の目立たないツルッとした肌になるのは、シルクセリシンパウダーの効果です。



まとめると、

シルキーカバーオイルブロックを使用した日は、必ずクレンジングで毛穴に入り込んだ成分をきれいに落としきるようにしてください。

その場合、コットン式のこすって落とす簡易的な化粧落としではなく、オイルやジェルなどで本格的にクレンジングをしてください。


そして、絹に対してのアレルギーがある人は、シルキーカバーオイルブロックの使用はあきらめてください。

アレルギーが出た出た場合は、肌荒れがひどくなったり、かゆみが出たり、赤みがひどくなったりします。

シルキーカバーオイルブロックの危険性について


シルキーカバーオイルブロックの危険性について。



シルキーカバーオイルブロックには、危険性が危惧(きぐ)される成分として


シリコン

エビ・カニ由来の成分



が含まれています。




シリコンに関しては賛否両論ですが、実はシリコンは本来、人畜無害の物質です。

豊胸手術などでも、人体の中にまで長い年月挿入させておいても問題ないほど。





そういえば、舞の海という力士が力士検査を受ける時、身長が足りなかったため

頭にシリコンを埋め込んで身長を水増しして、検査をくぐり抜けたとう

話は有名ですね。





ツヤを出し、撥水性が高く、汚れを良くはじく性質などから、

様々な化粧品、シャンプーなどに使われています。





とはいえ、アレルギーに関してはごく希少ながら、報告されているので、

樹脂などにアレルギーのある人は、使用しないほうが得策かもしれません。





シリコンよりも、エビ・カニ由来の「チキンキトサン」が含まれている

事のほうが、シルキーカバーオイルブロックの危険性ということでは

ウェイトが大きいと思います。




エビ・カニなど、いわゆる甲殻類アレルギーの人は意外と多いため、

肌につけることで肌荒れ、赤み、吹き出物の噴出などの危険性があります。




チキンキトサンは、シルキーカバーオイルブロックの特徴でもあるため、

甲殻類アレルギーのある人は、はじめから使わないようにしてください。




シルキーカバーオイルブロックは賛否両論まっぷたつに分かれる商品

シルキーカバーオイルブロックという商品は、評価が真っ二つに分かれる商品なんですよ。

口コミサイトなどを見渡してみると、評価が満点の人と0点の(極端に言えば)がかなりの数います。



そんなシルキーカバーオイルブロックの口コミ評価の傾向をちょっと見てみましょう。

極端なものの中には、ひょっとしてシルキーカバーオイルブロックの関係者?と思わせるくらいベタ誉めなものや、ライバルの嫌がらせ?と思えるような悪口しかないものもちらほら、そういったものは無視しています。


あくまでも、私が感じものですのですが極力、総合的・客観的にシルキーカバーオイルブロックという商品を眺めてみると、



シルキーカバーオイルブロックを塗ってテカリが減った、毛穴が目立たなくなったという人の多くは、普通肌・混合肌・軽い脂性肌の人が多いです。

逆に乾燥肌の人には”ひどく乾燥して使えない”というものが多いですね。



シルキーカバーオイルブロックを塗ったあとの”固形ファンデ”は多くの人が「はじく」と述べています。
ファンデはリキッドタイプのほうが相性がいいみたいです。


毛穴ですが、特に毛穴が大きく開いている場合、隠しきれないです。

逆に毛穴が開き気味なので隠そうとたくさんつけると、よれて逆効果。


毛穴開きが”ひどい人”には、効果が薄いようですね。



シルキーカバーオイルブロックは、見た目は白ですが、塗ると”無色透明”なので、肌色のコントロールはできません。

塗るとマット系になるため、ツヤが欲しい人は上塗りを工夫しなければなりませんが、逆に夏場はテカリをある程度抑えてくれるのでいいかもしれません。



毛穴を覆い隠すので、クレンジングには特に気をつかうという意見も多かったです。



目の周りにはつけないほうがいいです!
特にまぶたの上につけてしまうと、アイラッシュがはじかれます。


やたらと伸びがいい商品なので、使い切るまでに相当な月日がかかります。

コスパが良いという事になりますが、だったらはじめからもうちょっと少量の容器で安くしてくれればいいのに、という意見も多いですね。

これは私もその通りだと思いますね。
メーカーさん、なんとかなりませんかね?



あと、小じわやほうれい線に関しては、あまり大きな期待はしないほうがいいです。

特に大きなシワなんかは、絶対に隠れません。

販売ページの写真は、かなりのプロがシルキーカバーオイルブロックを使って時間をかけて仕上げたものだと思います。




以上、シルキーカバーオイルブロックの特徴、何となくわかっていただければ幸いです。

購入してすぐにどうこう、というものではなく、使いこなしているうちにコツがつかめるという、ちょっとテクニックが必要な商品だと思います。


⇒ シルキーカバーオイルブロック














アプロスシルキーカバーオイルブロック
毛穴を一瞬で消す! 
魔法の化粧下地
アプロス シルキーカバー
カテゴリ
リンク集
最近の記事
タグクラウド
Powered by さくらのブログ
Copyright © 毛穴を消す!毛穴の黒ずみ・開き完全解決法! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

結婚活動パーティー